INTERVIEW 未経験で入職し、働きながら資格を取得!

ショートステイ / 副主任・介護スタッフ / 2014年入職
末永 紫帆 SUENAGA SHIHO

介護の仕事をはじめたきっかけは?

高校は商業科で、簿記やプログラミングなどの勉強をしていましたので、めぐみ園には未経験で入職しました。人と接する仕事で、誰かのお役に立ちたいという想いと両親の助言もあって、介護の仕事に目を向けるようになりました。インターネットで様々な介護施設のサイトを見たり、実際に介護施設に見学に行ったりしました。
その中でも、めぐみ園はとても丁寧に対応していただいたのと、Webサイトでの情報が充実していたので、施設の魅力がよく伝わってきました。
未経験なので不安はありましたが、入職後、働きながら介護職員初任者研修を受け、今年はついに国家資格である介護福祉士試験にトライしました。

お仕事内容を教えてください。

入職時から変わらず、ショートスティで勤務しています。ご利用者様の日常生活の援助がメインですので、食事や入浴、排泄の介護のほか、リハビリ体操やレクリエーションなども介護スタッフ主体で行っています。
勤務体制は早番、遅番、夜勤と3パターンあるので、最適なケアを行うために、職員同士が丁寧なコミュニケーションを図りながら、日々の申し送りやミーティングをしています。
働いている職員は20代から70代まで幅広いので、ご利用者様だけでなく、職員同士のやりとりも多く発生するので、人と話すのが好きで、いろいろな人と関わりたい人は、介護の仕事に向いているのではないかなと思います。

求職者へのメッセージをお願いします。

未経験で入職し、あっという間に8年が経ちました。現在は、副主任として主任のサポートをさせていただいています。今年は介護福祉士の資格取得も目指し、これからも介護の世界でキャリアを積んでいきたいと思うようになりました。
未経験からでも、先輩方が丁寧に指導してくださるので、安心して介護の仕事にチャレンジしてください。はじめは、ご利用者様の顔と名前を覚えることからスタートです!徐々に、歩行解除や入浴介助などを覚えてくださいね。幅広い年代の職員が、声を掛け合って毎日ご利用者様の日常生活のケアを行っています。
少しでも気になったら、ぜひ施設見学にいらしてください。ご案内いたします!