キャリアについて carrier

"3年介護福祉士"を目指して教育・研修に力を入れて取り組んでいます。

3年後介護福祉士を目指そう!!

介護福祉士とは、社会福祉専門職の介護に関する国家資格です。 介護福祉士の仕事は、介護が必要なお年寄りや障害のある人に対して、スムーズな日常生活が送れるように、食事や入浴、排泄、歩行などの介助や介護者からの相談に応じてアドバイスをしたり、介護者の精神面での支えになったりたりすることが主な仕事です。
その他にも、介護福祉士は家族の介護をする方や介護現場で働くヘルパーさんに対して指導やアドバイスをすることも仕事のひとつです。介護の専門知識や技術を伝え、指導する現場のリーダー的存在といえるでしょう。

『介護福祉士とヘルパーの違い』について

介護福祉士資格は『国家資格』であり、社会的信頼性も高い!
介護福祉士資格は、初任者研修やケアマネジャーと違い、現時点では介護福祉系資格の中で唯一の国家資格です。
国家資格であるため、介護福祉士の資格試験に合格し、登録を行うことで国に認められた介護士であると認められます。 介護についての専門的な技術や知識を有しているということを前提として、雇用側からの見る目も変わってくるでしょう。 そのため、高度な知識や技術を要求されるということを理解しておく必要はありますが、就転職時には有効であり、将来的にも安定した雇用につながるでしょう。
一度取得すれば全国どこに行っても通用する一生モノの資格です。

介護福祉士は仕事領域の幅が広がる

福祉系の国家資格である介護福祉士は、社会的認知度や専門職としての信頼感も高まりつつある資格です。また、サービス提供責任者・生活相談員・チームリーダーなど事業所で配置が必要な役職では、介護福祉士の有資格者でなければならない場合もあり、そのような時に介護福祉士の資格を持っていることで、ヘルパーとしての仕事だけでなく、管理職の仕事を任されることも考えられます。
仕事領域が広がることは、キャリアアップによる待遇面のアップだけでなく、仕事に対して違った見方もできるようになり、結果として、一緒に働く仲間や日々関わっている高齢者の方からの信頼も得られるのではないでしょうか。

介護福祉士を取得すると、以下のとおり業務だけではなく働ける職種も多岐に渡ります。

介護施設等で生活相談員として業務(※実務経験必要)
業務経験2年以上で施設長候補に
介護講師として教育現場で活躍する
アセッサー(評価者)として現場で活躍する

高卒・未経験者 研修計画

皆さんは将来の自分をどのように描いていますか?
どんな自分になりたいですか?

めぐみ園では、高卒・未経験者の方でも職員さんがなりたい自分になれるようにサポートいたします!
皆さんも、めぐみ園で夢を叶えませんか?

半年〜1年
初任者研修を受ける
1年半~2年
実務者研修を受ける
3年
介護福祉士を受験する
★福祉系唯一の国家試験合格を目指そう!

3年目までの流れ

  1. 1

    ショートステイ 入職

    ・スタッフ、利用者さんの名前を覚える
    ・体調管理が出来、休まず働く習慣になれる
    ・元気よく挨拶が出来る

  1. 2

    仕事の流れを覚える

    ・報、連、相が徹底でき、ミスなく仕事をこなせる
    ・仕事のスピードを意識しながら、臨機応変に対応できる
    ・認知症の理解と学習をすすめ、その対応ができる

  1. 3

    夜勤が出来るようになる

    ・月に数回の夜勤をしながら体調管理ができる
    ・緊急時の対応が的確にできる

  1. 4

    仲間のフォローが出来る、問題を解決できる

    ・出勤時の仲間のフォローが出来る。勤務変更などに柔軟に対応できる
    ・緊急時の対応が的確にできる

  1. 5

    行事等、介護業務以外の仕事をこなせる

    ・行事等、重要な係や担当をこなせる

  1. 6

    業務の改善・提案が行える

    ・業務全体をスムーズに回せるように業務の改善や提案が行える

  1. 7

    主任・副主任のサポートが出来る

    ・主任、副主任の仕事を代理で行える
    ・主任、副主任の仕事を任せられる