SDGsへの取り組み SDGs

私たちめぐみ園は、より良い社会をつくるためSDGsに積極的に取り組んでいます。

SDGsの果たす役割

SDGsの前進である、MDGs(ミレニアム開発目標)は2001年から始まり、2015年に終了しました。終了の際に達成状況が総括され、概ねその成果を達成し、特に貧困については半減したとされました。
また2000年以来子供の修学率も大幅に向上したとのことです。こういった大きな結果がいくつも出ており、それを受けてSDGsが作られました。
世界的に同じ目標を掲げて運動を推進するという事はこの世の中を変えるのに大きなインパクトがあるということをMDGsは示したことになります。

しかしながら、達成したといってもその達成度には地域および各国で差がありました。
その差というのはどこから生まれているのかと言うと理由は大きく分けて2つあります。1つはその国がMDGsを取り組まなかったということ。その場合には達成率が低いこととなります。 そしてもう一つはMDGsを国だけが行っていたということです。
民間や他の団体を巻き込んで実施されておりませんでした。

SDGsでは17番にパートナーシップを掲げ、政府だけではなくて民間企業や私たちひとりひとりが一緒にやっていこうと、また、国連で取り上げ全ての国で行っていこうとSDGsが作られました。

私たち民間企業も動くことができればこのSDGsの目標は必ず達成されることが、期待できることとなります。

めぐみ園のSDGs目標

私たちめぐみ園は、「地域の健康と笑顔を守る」ことが持続可能な社会づくりに繋がると考えています。ご利用者さまとスタッフ、そして広島県呉市という地域をターゲットとし、SDGsへの取り組みを積極的に行っています。

それぞれの目標に対するめぐみ園の取り組み

健康と福祉・住み続けられるまちづくり

地域で自分らしく過ごすお手伝い
高齢者介護施設として運動・リハビリ・認知予防などといった介護予防に力を入れて取り組み、健康と福祉を呉市の高齢者に提供しています。高齢者施設を運営し、高齢者の健康を維持することで、自分の生まれ育った地域で末永く住み続けられるように取り組んでいます。

質の高い教育

知識を吸収できる環境づくり
私たちめぐみ園では、質の高い教育を目指し、介護職員は全職員が年に1〜2回社外研修に参加します。その研修では、介護の技術を学ぶだけではなく、ビジネススキルなどといった介護分野のみに限らず受講していただきます。そうすることで、仕事の視点や人間性を広げることができます。また、部門の主任には月に1回勤務時間に読書の日を作り、仕事に活かせる知識を身に付けられる環境づくりを行っています。

ジェンダー平等

女性職員が多い職場だからこそ
めぐみ園は女性が9割を占める職場であるため、女性職員の処遇改善に積極的に取り組んでいます。管理職に占める女性職員の割合は、経営者層を除くと100%となっています。休憩室の整備や病児保育制度を充実させジェンダー平等を推進し、より女性が働きやすいような環境づくりを心がけています。

エネルギー

環境を最優先にした取り組み
介護施設は電気・水道などのエネルギー消費が大きいため、下記のような取り組みを行っています。

⚫︎施設の照明はすべてLED
⚫︎施設のエアコンを定期的に高効率の物に買いなおす
⚫︎購入する商品(冷蔵庫、TVなど)を見かけ単価を基準とせず、エネルギー消費を基準にすることで省エネに努める

環境

資源を大切に、地球のために
廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。(段ボール、おむつ、梱包資材、食品ロス)

パートナシップ

地域の繋がりを大切に
呉市全体の介護予防を図るため、国に介護を頼るのではなく、地域で高齢者を支えるという互助の考えのもと「認知症カフェ」「きてくれサロン」等、まだ介護保険を利用していない高齢者やその家族の憩いの場を運営しております。呉市や社会福祉法人、営利団体、青年会議所、大学等様々な団体がパートナーシップを持って高齢者介護の助けになるように取り組んでいきたいと思います。

SDGsビジネスセレクトブックに取り上げられました!

わたしたちめぐみ園のSDGsへの取り組みを「SDGsビジネスセレクトブック」に取り上げていただきました。大学生からの視点で、めぐみ園の特徴を掲載していただいております。めぐみ園以外のSDGsに積極的に取り組んでいる広島県の企業事例も多数取り上げられておりますので、ご興味のある方はぜひ手にとってみてください!